人気ブログランキング |

形のない色

形のない色

骨のない肉体

そう

「形のない色には綺麗さはあっても美はない」

と岸田劉生は言ったと。

美を求める会話の中で、私自身自己否定されたことを受け止めた時がかつてあった。

そんな記憶の中を手繰りながら
例えとして

彼は、

岸田劉生を持ち出したことを思い出していた。

美とは、

例えば麗子像のような

と、

言って「これがただ美しいですか?可愛いって感じですか?」と。「怖いほどゾクゾクしませんか?、貴女の作品にそれが有りますか?」と。

私に骨を教えてくださった人のことを

おもいだす。


f0389753_22315488.jpeg
f0389753_22320679.jpeg

美しく頼りなさげやけれど、揺るがない形の月を眺めている今夜。
語れば語るほど遠ざかる真実。色を説明することはできても、骨は説明できない。
わかる人にしかわからない。絵画であれ、彫刻であれ、書であれ。形のない色 ではなく骨なのやと思う。
私は誰にも理解していただけなくても、形のない色ではなく、骨を求めていきたい、と思う。
面白いことに宝石やお金や美辞麗句に興味が薄れると、とことん自分自身にだけ興味が深まっていく。



トラックバックURL : https://tohkeisumiasobihito.exblog.jp/tb/30886469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sumiasobihito | 2019-11-02 22:49 | Trackback | Comments(0)

生きている墨の美しさ、生かされていることの有難さ。表現者としての記録


by sumiasobihito桃蹊
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30