漢字の面白さ 水弾き奏(水引草)の場合

f0389753_10334249.jpeg
水弾き奏(水引草)
漢字を描く時に、興味深いことは
古くから中国の人々の素晴らしい想像の軌跡と、それを柔軟に見事に受け入れてきた日本人の苦心の軌跡がはっきりと今もなお、私たちの暮らしの中に密接に息づいているところではないでしょうか?
文字を持っていなかった頃の日本人は、漢字の音を自国の言葉に当てて表現をしました。それが萬葉仮名ですが、そもそも漢字の成り立ちから漢字には意味があることを、やがて上手にアレンジしながら私達祖先は漢字、平仮名、カタカナと三種類も使い分けて豊かに表現するようになりました。
アルファベットもまた音の表記ですから、その音に漢字の音を当てて表現したり、さらには縁起が良かったり、美しい意味を持つ漢字を選んで名を表したりして遊ぶこともよく見かけられます。
そういう表現をする理由は、漢字が音だけではなく意味を持ち、その意味は景色までも想像させるからではないでしょうか?
例えば「香炉里(コルリ)」さん、奈良の素敵な音楽好きのオーナーの喫茶店の名前などは漢字を当てることで漢字が意味するイメージが広がりますね。
f0389753_10493050.jpeg
水弾き奏。秋に咲く赤や白の点々が小さく一本の線の上に散りばめられた可憐な姿は、どなたがお付けになった名前なのか?良いなあ、と想いながら「水弾き奏」と題したのも聴こえて来る音と意味の表す景色が、音を奏でるピアニスト、野上朝生さんの奈良に根ざしたい、という思いに重なって、思い付いた当て字です。
水引草は、ご存知のように、種をたくさん蒔き、芽吹き、しっかりと根を張ります。そんなことも、願いを込めて描きました。
それは、ある朝のこと、野上さんとのライブが決まってからふと目に入ってきた庭の水引草の姿でした。小さな坪庭のような場所で、水引草が風もないのに揺れていました。揺れているのですから、風はあるのでしょうが、私には感じられない、
けれど、
そんな、揺れているから風があるのか、自ら揺れているのかと気づくほどの微かな囁きにも似た繊細さも野上さんと重なったのでした。年々歳々こんなところに植えたかしら?というところから花を咲かせます。繊細な姿とたくましさも見せてくてることが、描きたい気持ちを駆り立てました。その根のように、野上さんに奈良に根付いて頂きたい祈りを込めて描きました。

f0389753_18505327.jpeg
頂いたCD「水鏡の月(Mikagami no Tuki)はあまりに印象深く、水(自由な) 弾く(ピアノ)奏(音)。水弾き奏Vor.1が始まることになりました。イメージが固まるまで時間はかかりましたが、描くのにさほど時間はかかりませんでした。
野上朝生ソロライブ。多くの方に出逢って頂きたいのと同時に奈良に根ざして頂きたい、心を込めてコラボレーションの書をお贈りします。

f0389753_18510908.jpeg

11月19日(日曜日)午後3時から
ピアニスト、アレンジャー、作曲家野上朝生ソロライブ
「水弾き奏」Vol. (次に続きますようにvol2.3.4.…)
2000円(お子様無料、ジブリジャズもあるよ💚、親子で楽しみましょね❣️)
野上さんの計らいで、初親子共演が実現。次男のドラムと野上さんのピアノで共演いたします。感謝、感謝ですね♬




[PR]
by sumiasobihito | 2017-11-19 15:00 | Comments(0)

生きている墨の美しさ、生かされていることの有難さ。表現者としての記録


by sumiasobihito桃蹊
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30