『忠』を描いた時 シンポジウム「天忠組in東京」

f0389753_10391721.jpeg
刹那に消えていく瞬間。しかしそのために準備をし、自分を追い込んで、追い込んでいくと、自分でも想像もしなかったような不思議な世界に出逢うことができます。
説明のつかない私にしか感じることのできない歓びは、またさらに深く進めたくなる芸術の神様との対話の時です。
どんなに入念に段取りをしても思いもよらないことは起こってしまうのがライブの怖いところであり、そこを超えたところにライブの醍醐味があることを感じた、よみうりホールでの揮毫の時のことを記しておきたいと思います。(ブログの前の日付に、『忠』の文字を描くまでは記しました)
f0389753_10565428.jpeg
リハーサル
太鼓の高野さんとは初めての顔合わせで、申し合わせから実際に打ち合わせに入りました。今回のシンポジウムの演出をされた保山さん(映像作家)ご自身の撮影取材を通して深めていかれた天忠組への想いを、オープニングでどう表現するかについて、その意図を、太鼓の高野さん、朗読の大垣さんと互いに理解することは難しくはなかったように思います。なぜなら、とてもシンプルなメッセージだったからです。
私の場合は、最初から、「『忠』その一文字を描いて下さい」というご依頼でしたから、史実を含めいろいろなことを理解しなければ描けないと思ったのでした。

f0389753_17062410.jpeg
高野さんが舞台の姿に着替えてからのスイッチの入り方は、本当に凄かったですね、そう言い切れる理由は、
本番の緞帳が上がった瞬間から私は何もも考えることなく、太鼓の鼓動に導かれるように、観えていない大画面の映像を肌で感じることができたからです。

実は、高野さんは、リハーサルでは、大垣さんの朗読と同じように、書の時も控えめにたたいていらっしゃいました。私はそれはちょっと違うのではないかと思い、高野さんに次のことをお願いしてみました。
最初に淡墨で描く雲は龍が舞い降りるように叩いてほしいこと
描いている間は、映像を感じながら自由に自分の鼓動で叩いて欲しいこと
f0389753_10410295.jpeg
もし、ちゃんと私が彼に応えることが出来れば、きっと舞台がひとつになると思いました。私は観ることのできない奥大和の映像を太鼓を通して感じ、表現し『忠』の文字の意味するところを観客の皆様に伝えることができると思っていました。遠くの客席からは豆粒ほどですから何をしているのか分かりにくいはずです。しかし、高野さんの太鼓は映像と揮毫をひとつにしてくれると想像していました。(奈良に帰るまで、どんな映像が流れていたのか?知りませんでしたが、のちに観ると不思議と呼応しているように感じます)

f0389753_11062620.jpeg
緞帳が上がるまでの緊張感、上がってから描くまでの間高野さんの太鼓ソロの間怖くて会場に目を向けることはできませんでした。やがて、真っ白な紙にスポットが当たるのが私が描き始める合図です。一瞬止んだ太鼓の余韻から、高野さんの息遣いが感じられました。
筆に墨を含ませて間もなく雲を描き始めた時、雲の収筆を振り上げた筆から墨が強いライトに当たってキラキラと静かに光ってスローモーションを観ているかのように、美しく私に降り注がれました。その美しい墨の雫に心奪われた次の瞬間、目を移した先で、淡墨を入れた器が一瞬宙に上がって落ちたかと思うと、墨をこぼさんばかりにゆらゆらと揺れています。私は凍りつきそうになりました。
「まずい」

f0389753_17562356.jpeg
幸い、溢れることなく器を紙の外に置き、濃墨の「忠」の心の部分に移ることができました

f0389753_11024217.jpeg
風が通り過ぎた感覚を覚えました。
ここから先はあまり記憶になく、太鼓の鼓動と感じるままに観ることの出来ない無音の映像からの風を感じ最後に桃蹊の落款と印を記して終わりました。
f0389753_11004851.jpeg
余韻に浸る間も無く、わずかに溜まっている墨を、拭う作業に快く引き受けてくださった丸山ひでみさんと平井智重さんが袴姿で颯爽と手際よく、軸を掲げて下さいました。

引き続いて大垣知哉さんの朗読。


畳4畳の「忠」の文字はシンポジウムの間舞台にかけられました。12尺三層の紙は墨をよく吸い、無残に墨が流れることはありませんでした。また、表具してある軸ですので、思ったよりも滲みが出なかったのは残念なことで、もうすこし、あともう一度表具されたものに描く試みができていたならば、選ぶ筆ももうすこし太いものにできたことと思います。1リットルのペットボトル三本も磨っていたにもかかわらず、たくさん残ってしまいました。計算が違ってしまいました。

f0389753_16175741.jpeg
よみうりホールは1、2階がなだらかなスロープで繋がっており舞台からはまるで小高い丘を眺めるようであったことは、本番前の私の緊張した気持ちを和らげてくれました。長い、長い一日が終わって慌ただしく帰り支度をして数人の方に混ざってエレベーターに乗ると
「書を書かれた方ですよね?こんなに小さな人やったんですか!」と声をかけていただき、それは、それは嬉しいことでありました。このような機会をいただいたことに心から感謝申し上げますとともに、ご尽力くださった多くの方に厚く御礼申し上げます。
揮毫直後のインタヴューの折に「今の気持ちは?」問われてお答えした
「やっと奈良に帰れます」のそのように、奈良が待っていてくれました。

この時の経験から私はコラボの意味を体で感じ取ることができるようになり、のちに奈良で行うチェロやパーカッション、ピアノとのライブでのコラボレーションが、新しい可能性を見出すきっかけになる予感がして、楽しみになっていったのでした。


動画は、こちらから
https://m.youtube.com/watch?v=N0dK3hIABIw





[PR]
by sumiasobihito | 2017-10-13 10:00 | Comments(0)

生きている墨の美しさ、生かされていることの有難さ。表現者としての記録


by sumiasobihito桃蹊
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31