飛火野 、(奈良との出逢いから映像「 墨の煌めき」まで)

f0389753_22063680.jpeg
奈良との出逢いから、紡がれた飛火野での事

f0389753_21421686.jpeg
奈良との出逢いは、日吉館。
その日吉館から歩いてほどないところに飛火野という場所があることを知りました。
飛火野に魅せられて、気がつけば奈良で40年も経ってしまいましたね
f0389753_21484848.jpeg
会津八一に出逢える、面白い宿があると聴き、日吉館に初めて泊まったのは、
全国大学書道連盟の合宿、展覧会が奈良で開催された夏のことでした。
f0389753_21570181.jpeg
京都に憧れた学生時代。新宿から夜行列車で大垣行きに幾度乗ったでしょう?、
いつしか京都よりも奈良に惹かれていきました。
f0389753_22115508.jpeg
やがて私は22歳の春に奈良に暮らし始めました。
恋する飛火野にほど近い高畑が最初の栖。
この家を教えてくださったのは、美味しい「珈琲屋 凡豆」さん。「黄色い人参」さんの紹介でした。(これも日吉館からのご縁)
奈良に暮らす前から今もずっと親切にしていただいています。
日吉館で働いていたミリアムのご夫妻も高畑で再会しました。
f0389753_22200043.jpeg
とうとう根が広がって
離れがたい奈良、になりました。

f0389753_22344922.jpeg
出逢いと別れはつきものですが年月を重ね、三人の子にも恵まれた奈良の暮らしではありましたが、大切な人たちを次々と失い、途方に暮れていた頃、また新しい出逢いを導いてくれたのも飛火野でした。
f0389753_21463713.jpeg
「寧楽の風に吹かれて仰ぎ見る
雲の行くへや
とほつ世の人 」桃蹊
f0389753_22302692.jpeg
書家ではなく、墨あそび人としての再出発が飛火野でした。

f0389753_22162248.jpeg
夕焼けを背に影踏みあそび
こころの影を踏み遊びながら
飛火野の空は瞬く間に
彩りを移していく
やがて闇が来て
高く御山に月が登れば
さ雄鹿の聲


f0389753_22072474.jpeg
こころが波立つ日は
墨を磨り

それでも、おさまらずに
筆を持てば
描くうちに
私は
遠く波立たない
深く広いところにいた


f0389753_21442267.jpeg

書は
私の救いであり
祈り、のほか
何ものでもない




f0389753_22060587.jpeg

この場所に来ると、気持ちが軽くなる
この場所に来れば 空を見上げたくなる
この場所は忘れていたことを思い出させてくれる
例えば、日々の感動を全身全霊をもって受け止めたいと思った時のこと。


大切なものを無くした時も
心底嬉しい時も
此処は 変わらない
変わらないことが有り難い
この場所が教えてくれた一番大切なことは

わたしにとって書は食べるためではなく、
生きるためのもの、
ということかもしれません。
そして、


そう想えるようになって間もなく、紡がれていく出逢いの中で 「墨の煌めき」という映像が、生まれることになります。
ご縁とは不思議なものです。





「墨の煌めき」より
f0389753_09132040.jpeg




[PR]
by sumiasobihito | 2014-02-14 07:00 | Comments(0)

生きている墨の美しさ、生かされていることの有難さ。表現者としての記録


by sumiasobihito桃蹊
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30